事例Ⅰ 再現答案

では、事例Ⅰの再現答案からいきます。

平成29年 事例Ⅰ

第1問

要因は、①主力商品の地元での認知度が高く、県を代表する銘菓として人気を博していた事、②銘菓といわれたかつての商品に勝るとも劣らない品質や食感を確保した事、③主要取引先や県から販売支援を受けられた事。

 

第2問

特徴は、①商品アイテムを主力商品だけに限定し、生産の自動化により効率性を高めた事、②業務をコア事業とノンコア事業に選別し、正規社員は製造と営業の業務を行い、非正規社員は他の補助業務を行うようにした事。

 

第3問

メリットは、①HACCPに準拠した工場での製造により、全国や海外への展開が望めるようになった事、②製造工程の自動化により効率性を高め、日産50,000個体制を整備した事、③郊外への移転で県からの支援が期待できる事。

 

第4問

リスクは、①全国の市場で戦える新商品の開発を行った経験がない事、②直販を行っておらず、首都圏出展のノウハウが蓄積できていない事、③戦友といえる仲間の多くが定年退職し、若手のマネジメント層が手薄な事。

 

第5問

組織的課題は、①開発部門を新設し、全国で戦える新商品や新市場の開発・開拓を行える体制を作る事、②直販部門を新設し、首都圏出展の為のノウハウを蓄積する事、③社長の強いリーダーシップによりチャレンジする意識を醸成し、若手の経営者層を育成する事。組織を活性化して、売上高30億円の経営ビジョンの達成を目指す。

 

ちなみに再現答案は、「ふぞろい~」さんに投稿したので、もしかしたら今年の書籍で採用されているかもしれません。

試験翌日、へとへとの中作成しましたが、やはり再現答案作成は大切ですので、今年受験の方は是非、作成してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です